01≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■阿波踊り?
20070227123645
2月27日
寝ながら踊ってます~♪その2

しかもこのポーズのまま固まってるし。

阿波踊りを見たことある人はわかると思うけど、女踊りでポーズ決めて止まってるときにそっくり~
スポンサーサイト
未分類トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
■ホンダのカラーリング発表!
オットに言われて、あわててホンダのHP見に行ったら、
なんですかあれは。

HONDA RACING F1サイト


つづきをよむ
F1トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■フラガール
20070226211642
2月20日
寝ながら踊ってます~♪
こみゅん、おなかのなかに居たとき、フラを見に行ったこと、覚えてるのかな?…まさかね

たまたまだけど、着せてた服も、それっぽいよね。
未分類トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■こみゅんの第2週
2月20日
みんな仕事に行ったので、うちのなかで午前中、こみゅんと二人っきり。

東京に戻ったらこんな感じかなぁ。スヤスヤよい子で寝てたけど。


2月21日
そろそろかなー?と思ってたへその緒!ついに取れたっ。
沐浴の前におむつ外してたら、ちょうど取れかかってて、持ち上げたら、少しまだつながってて、「どうしよ?はさみ??」とか言ってる間に、こみゅんがジタバタしていつの間にか取れてた

くるっと丸まっててなんかちっちゃいアンモナイトみたい。


2月22日
ゲップがうまく出なかったけど寝入ってしまって、枕を高くして寝かせて見張ってたら、くしゃみ2回したあとにその反動で?寝たまま吐いた。あまりに苦しそうでかわいそうなことをした。

寝ちゃってもしばらくはあきらめずにゲップさせなくちゃね。
でも吐いたらこみゅんはケロッとしてて、メリーにあわせて踊ってたりして・・・


2月23日
みゅんの幼なじみのSがこみゅんを見に来てくれた。お祝いにガラガラと赤ちゃんの病気についての本をもらった。
Sは1個下なんやけど2児のママなので、やっぱり役に立つもの知ってるなぁーと感心。

こみゅんはお客さんがいるときは、おとなしくしてることが多い。
Sが帰ってからは、またぐずぐず・・・。みゅんが寝不足になっちゃうよー

しかも、抱っこでウトウトしてても、ベッドに寝かせるとしばらくして「うえーん

どうやら「たぬき寝入り」という要らない技を見につけたようで


2月24日
こみゅんがぐずぐずしてるときに、子守唄を歌ってあげることにした。
ベッドにつけてるメリーに入ってる曲の中で一番いい反応をする曲。
「モーツアルトの子守唄」歌詞を早速ネットで調べて、とりあえず1番だけ覚えて歌ってあげたらウットリしてた♪やっぱりこれが好きなんかな?

ぐずぐずしてるときにチョコチョコ授乳してたら、なんだか体重が一気に増えた。3回も計りなおしたけどやっぱり増えてた。どおりで抱っこが重いわけだね


2月25日
今日は授乳のタイミングがうまくいったようで、日中決まったペースでねんねしてくれた。おかげでみゅんも、お昼寝したり、テレビでやってた映画スゥィングガールズ最後まで見れたし。こういう日ばかりだとすごい楽なんやけどなぁ。

こみゅんが日曜日をくれたのかな?


2月26日
最近のこみゅんは甘えたり、泣いて要求するようになってきた気がする。知恵つけてきてるなぁ。

ぐずぐずのパターンもなんとなくわかってきた。
特に、「眠いけど、飲んだあとでおなかがゴロゴロ気持ち悪い」ときに機嫌がよくないみたいね。

うんちのおむつ替えがものすごい嫌いらしく、終わってもずーっと泣きまくり。なので、授乳がうまくいって寝てくれそうなときにうんち、のタイミングは最悪

まあ、それが赤ちゃんの仕事やから仕方ないけど。
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■こみゅんの第1週
今は毎日更新が難しいので、まとめて記事にしてみます。

2月13日
沐浴の後、手足が冷たくなって少し心配する。沐浴に手間取って寒い思いをさせてるかも

昼間、ぐずぐずしてると思ったらうんちだった。でも泣き方が遠慮がち。もっと泣いてくれていいのになぁ。


2月14日
オットが出生届を出してくれた。これで正式に名前も決まった。3人家族になったんやなぁ

ひいばあちゃんと初対面。いい名前やね、ってほめられた。


2月15日
少しずつおっぱいを吸うのが上手になってきた。
吸ったあとに満足そうに、にっこりすることも


2月16日
おっぱいを根気よく吸うようになったので搾乳をやめてみる。
でも搾乳しないと、どのくらいおっぱいを飲んでるか目で見てわからん・・・ちょっぴり不安

さらにゲップをうまく出してあげられずに、勢いよく吐くこと2回。
さすがに心配になった。ごめんね


2月17日
おっぱいで少しは満たされるようになったのか、そのまま寝てしまった
が、あとで足りないと泣かれてミルクを足す羽目に。
これをやってると授乳にかなり時間がかかるけど仕方ない。

下の弟(こみゅんにとってはおじ様)と初対面。
ミッフィーの布絵本をお祝いにもらった


2月18日
朝、おむつを替えようとしたら、左手がおむつのウエストの位置にある。・・・なぜ??

いつも袖から手を抜く癖があるとは思ってたけど、完全に抜いて中に入れてるとはびっくり・・・遠山の金さんごっこかい?

上の弟(こみゅんのおじ様)に貢いでもらったベッドメリーをつけたら、キョロキョロ楽しそうに見てた

着物やさんに来てもらって、お宮参り用の産着を購入。


2月19日
初めて、こみゅんのオナラの音を聴いた。いまいちゲップが出ぬくいと思ったら、オナラになってるのかな・・・?

ぐずぐずしてるときに抱くとすぐ眠ることがあってかわいい。
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■産後のカラダ☆第1週
☆出産当日
全身筋肉痛。布団が石みたいにものすごい重い。
ふと右手を見ると、指の腹にマメができてるし。でも意外とご飯食べれる。そしてハイテンションのまま、家族と話す。が、一人になるとなんとなくボーっとする。


☆その後入院中
翌日、牛乳でおなかを下した痛みと子宮回復の痛みが同時に襲ってきて1時間ベッドでもだえ苦しむ。


顔も足もパンパンにむくんでるし、傷が痛くてうまく歩けないけど、こみゅんの様子が気になって新生児室をのぞきにいく。
(のちに自分の体を振り返ると、よく歩き回ってたなーと思った。)


二晩ろくに寝てなかったので、あるとき眠気がピークにきて、寝ながらご飯を食べる。(マカロニサラダのマカロニを一個ずつ箸に刺しては口に運びながらウトウトする。)

少し眠って次起きたとき、驚くほどカラダが軽くなってびっくりする。


やけにフラフラするなーと思ったら、貧血。薬を出される。


そしてこみゅんがいなくなったおなかは、「でろーん」と衝撃的な姿に。こみゅんと引き換えになくしたものは大きい。

看護士さんに「締めといたほうがいいよ。でもだいたいみんな、
サイズの合わないリフォーム下着持ってくるけど。」と言われ、いやな予感がしつつリフォーム下着をごそごそ出してみる。

例に漏れず、「産後すぐ」が謳い文句のやつは履けそうにない。やむなく妊娠中の腹帯+ニッパーでなんとなく締める。


そして退院前日になっておっぱいが張るという現象。
というか、全身がむくみで水分がたまりにたまってるって感じ。


みゅんの場合は、妊娠中、元気いっぱいだったので、産後1週間のカラダはかなりしんどく感じた。あと、やっぱりうつっぽい症状も。やっぱり産後はカラダをいたわらないとってのは本当やね。。。
産後のわたしトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■おめめ開けてるとこ
20070213115637
よく寝る子なので貴重なshotです~


2月6日・出産について記事をUPしてみました
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■めでたく退院♪
産むのがゴールじゃないって覚悟はしてたけど、入院中すでに、一喜一憂の毎日でした。


でも今日、一緒におうちに帰れるんやなぁ、って思うと、怖いけどなんかふわふわ幸せな気持ち。


ところが。
病院で最後の授乳やなぁ、って思いながら、搾乳した母乳を哺乳瓶であげていたとき。大変なことが


みゅんは昨日から、おっぱいをあげて→搾乳→哺乳瓶で搾乳した母乳を授乳→足りない分ミルクを授乳という3種混合授乳をしてるんやけど、
その分、ほかのママさんより時間がかかるんよね。


で、ほかのママさんが、授乳が終わって部屋に戻ろうとしたときに、
「パリーン」って豪快な音がして


何が起こったのかと思ったら、棚においてあった、こみゅんのミルクの哺乳瓶に体が触れて落ちたみたいで・・・こみゅんの目の前で、哺乳瓶が、砕け散った。


それはもう、ガラスの哺乳瓶ってあんなにも粉々になるんや・・・って怖くなるくらいに。


こみゅんの顔にガラスが飛ばなかったかかなり心配になって見ると、当のこみゅんは、そ知らぬ顔で、搾乳したほうの哺乳瓶をチュパチュパ。・・・こやつ、そうとうマイペースなやつ。


こみゅんが気になりつつも、哺乳瓶を落としたママさんに「大丈夫?」って一言声をかけた。誰だって間違いはあるし、その棚に置いた看護士さんもいけなかったかも。

でも彼女はすっかりパニックになって、「どうしよう、やっちゃった」と言ったきり。こみゅんにも、看護士さんにも謝る様子もないまま、ややイラついた看護士さんに、「もういいからそこから出て部屋に戻ってください」と言われ、そのまま出て行ってしまった。


その態度にちょっとびっくりした。母親になった人が取る行動じゃないような・・・


でも、こみゅんが無事でほんっとうに良かった


授乳が終わったころ、徳島からお義母さんも駆けつけてくれて、両家祖父母、オットもそろって、めでたく退院。


初めて、こみゅんを外に出した。早くしないと日焼けしちゃう、とか言いつつ記念撮影


そしてチャイルドシートデビュー
散々妊娠中に車に乗っていたせいか、こみゅんはスヤスヤ眠って良い子にしてた。車が好きならうれしいな。


うちに帰ってから環境が変わったからか泣いたけど、しばらくしたらお義父さんのひざの上で抱っこしてもらってまたスヤスヤ。


みーんなの視線を釘付けにして、時間が経つのも忘れちゃうよね。


ずーっと泣かれちゃったらどうしようかと思ったけど、よく寝る良い子で助かったよ。明日からもよろしくね
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■初めて○○した日
いよいよ明日退院。


こみゅんとずーっと一緒なのは嬉しいけど、不安でいっぱい。
おまけに授乳はぜんぜんうまくいかないし、授乳室から自分の部屋に戻るたびに落ち込んでしまう。


そういえばみゅん、5ヶ月の検診で初めてこの病院に診察に来たとき、「母子同室にできますか?母乳指導とかありますか?」って聞いたんよね。


「母乳にこだわるところもあるみたいやけど、それはね、やってみんとわからんけん、あんまりやると負担になるけん、様子を見ながらやってミルクでもええんです」って先生が言ってたのを思い出した。


その言葉に少し救われる気がした。
母乳がぜんぜん出ないわけでもなく、こみゅんの起きてるタイミングで、もう少し吸う力さえあれば、なんとかなりそうなのに、今はタイミングはことごとく外してるし、口は小さいし吸う力も足りない。


産むまでは、「母乳が出るかどうか」ていう心配ばかりしてたけど、それとは別の問題にぶつかることはあんまり予想してなかったから、なんか切なかった。


そういうみゅんを見かねて?、看護士さんが搾乳を提案してくれた。
哺乳瓶で母乳をあげれば、こみゅんだって飲めるかも。


やってみたらこれが。


「これなら飲めるよぉー」って顔でさっさと飲んじゃったよ・・・。


でも、目に見えて母乳がこみゅんの体の中に入っていくのがちょっぴり感動的で、ちょっと涙が出そうやった。


こうやって、「初めて○○した日」っていうのが積み重なっていくんやなぁ。

こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■沐浴デビュー
こみゅんの沐浴指導がありました。


沐浴の経験は、市の母親学級で人形を使ってやった1回のみ。
今度は首がふにゃふにゃのこみゅんなので、かなり緊張


まず、看護士さんが、ほかのベビーちゃんを入れる様子を見せてもらい、その後、こみゅんを入れてみて、とのこと。ドキドキ


見てると、母親学級のとき、なんとなーく習ったことひとつひとつが、本物の人間となると、小さいことでも気をつけることがたくさんある気がした。やっぱり実践って大事。


看護士さんは慣れた手つきで、ベビーちゃんもすごくリラックスしてて、すぐに終わっちゃった・・・。次、みゅんの番


すると・・・。こみゅんはみゅんの新米っぷりを助けるように、お湯のなかですごい気持ちよさそうに漂ってくれて、お利口さんにしててくれました。


なんと親孝行な。


「いつもこうとは限りませんけどねー」と看護士さん。
そうよね・・・


でもでも、最初だけでもじっとしてくれててうれしいよ。ありがと。


それから、沐浴のあとに、鼻と耳を掃除したんやけど、鼻は大暴れなのに耳はすごーくおとなしくて、「耳掃除は好きなんやね」と看護士さん。


・・・実はみゅん、すごい耳掃除好き。まさかとは思うけど、そこも遺伝してるんかなあ・・・なんてちらりと思いつつ、無事に沐浴終了。


ちなみに授乳のほうは、3日目にしてかなり煮詰まってきた。
こみゅんはみゅんに似て口が小さいので、ただでさえ、大変なのに、飲ませるまでにかなり苦労する。


こっちは必死なのに、笑みを浮かべながらスヤスヤ寝入ってしまう。


なんていうか・・・もう!って気持ちを通り越して呆れてくるっていうか、その口元が憎らしいけどかわいらしいというか。


隣で授乳してたママさんも思わず笑ってたよ
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■お待たせしましたぁ
20070208220301
2月6日午後3時55分。女の子でした
体重:2848g
身長:49.8cm
胸囲:31.5cm
頭囲:31.8cm

節分のご飯を食べた分、ちゃんと大きくなってたね

とりあえずご報告まで
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(5) | top↑
■こみゅんは父親似?
朝、授乳しようと座ってひざに抱いたところで、こみゅんが吐いた。


びっくりして、「まだ飲ませてないのに吐いたんですけどっ」って言っちゃったけど、赤ちゃんってそういうもんらしい…。


「顔色が赤ければ心配ないですよ。具合悪いときは黒っぽく紫みたいになるもんやから」ふーん。


その直後にはこみゅん、しゃっくり開始。大丈夫かぁ?
(新生児はよくしゃっくりするらしい)


そういえば、こみゅんを産んでる最中、みゅんもしゃっくりしてたなぁ…とか思ってたら、こみゅん、次はすやすやおねんね。


あのー。授乳したいんですが。


「足の裏や、おなかのあたりをくすぐって、飲ませてください」とのことだったので、いろいろ頑張ってみたけど爆睡


眠いときに何をしても起きないのって…もしや父親似では…
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■初授乳
昨日の夜から、やっと動けるようになった。


朝ごはんは病院の厨房で焼いた手作りのパン。
入院食がおいしいと聞いてたけど、これなら毎日楽しみやなぁ。


200mlの牛乳がついてた。いつも冷たい牛乳はお腹壊すから飲まんのやけど、母乳のために飲んどくかな…と少しぬるくなってから少しずつ飲んだ。


が、これがいけなかった。


お昼前にお腹が痛くなり(お腹壊れたかも…)トイレに行ったけど、全身筋肉痛ってこともあり、痛いだけで出ないなぁ…。


すると、下痢のような痛みとは別に、腰やおなか全体が痛くなってきた。この痛みは何?ヤバくない?


面会に来てたオットに助けを求めるも、ちょうどお産が入ってスタッフさんも忙しい時間だったらしく、うまく症状を伝えられないままに「それは子宮回復の痛みですからっ」と言い放たれて、放置される…

役に立たないオットに、お産の疲れと体の痛みも重なって、なんだか悲しくなり号泣


1時間ほど安静にしてたらなんとか治まったので、少しだけお昼を食べた。


看護師さんによると、子宮回復の痛みと、お腹を壊したタイミングが一緒になって辛かったんだろうとのこと。それなら理解できる。


最悪の出産翌日やったけど、夜の初授乳でこみゅんを抱いたら、痛かったのはどうでもよくなった。


授乳自体はうまくいかんかったんやけどね。
でも眠くて寝ながら吸ってるこみゅんは、一生懸命でとっても可愛かったから


ちなみに、こみゅんの授乳後の体重は-2g。
「あのー減ることってあるんですか?」て聞いたら
「誤差なんで…。あと、赤ちゃんが疲れて減るってこともあるし」


うーん。増える日は来るんやろか…。
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■こみゅんはホニャ泣き
お産が終わってホッとして、病室で独り。


全身、久しぶりにスキー行ったときみたいな筋肉痛。
布団が重くて重くてしょうがない。
なぜか、右手の親指の腹にはマメができてるし
変に力入れすぎてたんやろなあ…。


産院の方針で基本的に母子別室で、初日は授乳なし。
こみゅんの様子が気になるけど、しばらくは動けず。


でも新生児室から一番近い病室やったので、こみゅんの物欲しそうな泣き声が聴こえてきてかわいそうやった。


「ホニャーホニャー」これがこみゅんの泣き声。
赤ちゃんって、「オギャー」って感じで強く泣くものと思ってたけど、
こみゅんはなんだか猫みたいに、力の抜けた泣き声で泣く。


実は昼間、病室で「今こみゅんが泣いてる」って言ったらオットが、
「ホントに?」って言って確かめに行ったんよね。


そしたら本当にこみゅんが泣いてたからびっくりしてた。


絶対音感があるから、他の子との泣き声のトーンが違ってわかるのか、
それとも母親にはそういう機能がもともと備わってるのか…
不思議やけど、ちょっと嬉しかった。


それにね、なぜかまだ、おなかをキックされてるような、胎動の感覚が残ってて。もうこみゅんはおなかの中に居ないのに。不思議。


というわけで、神経が研ぎ澄まされていたせいか、一睡もできず朝を迎えてしまった。これで二晩ほぼ徹夜…
こみゅん(育児日誌)トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■出産ダイジェスト!
今後のためにも忘れないうちに、一応記録…


2月5日21時過ぎ…
不安が募ったせいか、ひどく疲れて21時ごろベッドに横になる。
「なんだか心細くなってきた…」とオットに
(今考えれば何かが違ってたのかなぁ)


前駆陣痛らしき痛みがあるので、時間を計るものの、規則的ではない。


2月5日22時前…
心配したオットが、携帯に電話してきてくれる。
その間も、前駆陣痛が時々あり、「今何時?」とオットに聞きながら、メモを取りつつ話したあと、就寝。


2月6日深夜…
やっぱり、前駆陣痛が続く。…が、間隔は13分・10分・6分・6分・10分・13分・5分・15分…全然規則的じゃない。

結構痛いのに、これが噂に聞く前駆のつらさなんかなー?どうしよう。


2月6日2時過ぎ…
陣痛が10分間隔になったらとりあえず連絡するように、母親学級で習ってるので、さすがになんだか心配になってきて、オットに相談のメール。

二人して、判断に困りつつ、「多分そろそろってことよね…」と様子見してみるけど、痛みでだんだん眠れなくなってくる。
前駆陣痛の間隔は、4分・3分・11分・7分・4分…


んーどうしよう。。。とベッドから立ったところ、「破水?」と思うような感覚が…ダメだ~
でも破水じゃないような気もする。わからん…
とりあえず心配やし、病院か??
てことは、オットの飛行機はもう予約するべき??


お母さん起こさなくちゃ…。


2月6日3時半…
念のため、病院へ。夜勤の人の診察の結果、「破水はしてないですねー」とのこと。

NST(分娩監視装置)をつけて赤ちゃんの心音と陣痛の間隔を見てもらった。やはり前駆陣痛らしい。でもさっきの破水疑惑が晴れたところで、なんとなく痛みが遠のいた気が。


「でもねー子宮口が2~3センチ開いてるので、近いうちにお産になりそうよ。今日かもしれないし、なんとも言えないけど。」とのこと。


一旦うちに帰って、朝イチでもう一度先生に診察してもらうことに。
(でも帰り道、道路の凹凸さえも、つらいぐらいの痛みが…)


2月6日5時半
「少しでも眠っておいたほうがいい」と病院のスタッフさんに言われたので、なんとか眠ろうと横になるけど、今度はかなり頻繁に痛むようになってきた…ていうかこれって3分間隔?


んー。9時の開院まで待てないかもなんですけどー。っていう痛みが。
3分間隔なので、まさにウルトラマン状態。動ける3分の間にトイレに行ったり、階段を下りたり…。これってどう考えても本陣痛なんじゃぁ??


リビングに下りて、朝ごはんを食べる。お産になるなら備えないと。
お腹はすいてるけど、間違えて痛いときにパンを口に入れてしまい、気持ち悪くなりつつ、なんとか食べて、歯磨き。


2月6日8時半過ぎ…
家を出る。駐車場で病院の開院待ち。
(すぐに飛び込んでもよかったけど、なんとか待てた)


2月6日9時
診察。もう一度NSTを取る。今度はだいたい3分間隔。でも痛みが強かったり弱かったり、らしい。


2月6日10時過ぎ
子宮口が4センチとか開いてるので、入院が決定。
「多分やけど、6時間後ぐらいに産まれる感じ」とのこと。
オットは17時20分着の飛行機を予約。


2月6日12時
子宮口が8センチに。分娩室へ移動。
頭では分かってるはずの呼吸法が、案外難しいことに気づく。
そして小柄で体も硬いみゅんには分娩台がやっぱり苦しい…。


この間、助産師さんが「赤ちゃんのお名前決まってますか?」と話しかけてくれ、名前を答えると、「○○ちゃんも頑張ってるよ」などと励ましてくれたのが嬉しかった。
頑張ってこみゅんに酸素を送らなくちゃ。


2月6日15時
かなり痛みもつらくなって、ふと時計に目をやると15時。
もうこんなに時間が経ったんや…いつ終わりが来るんやろう…
そろそろオットが飛行機に乗る頃…頑張るからね。


どのくらい時間が経ったかわからんけど、先生が来てくれた。
時間は正確にわからんけど、人工破水して、子宮口も全開。


いよいよクライマックス??でもこみゅんの頭がうまく下がってこない。
呼吸が上手にできないのもあるけど、やっぱり骨盤が狭いから?
こみゅんが出てくる感覚がない…
(たしかくるくる回りながら出てくるんだよね???)


こみゅんも苦しいのかな…ごめんね


見かねた先生が鉗子分娩にしてくれた。
もうこのあたりは何がなんだか…。
その後、一瞬で「するん」って、こみゅんが出てきた!
と思ったらすぐに、元気な産声をあげた


2月6日15時55分 こみゅん誕生


「この子がこみゅんなんや…」ホッとしたのと同時にじわりと嬉しくなる。


こみゅんとみゅんをつないでいた、らせん状のへその緒が、目の前で切られる。
そのへその緒がつながっていた胎盤…。なんかとても不思議な気分。


最後の縫合がまた、お産とは別にすごく辛かったけど、最中に、綺麗にしてもらったこみゅんを看護師さんが連れてきてくれたので幸せホルモンが出て、なんとか耐えられた。


「こみゅんちゃん。えらかったね。がんばったね」って隣で産まれたてのこみゅんに声をかけると、
こみゅんは上目遣いにチラッとみゅんの方を見て応えてくれた。


スタッフの人や、先生にたくさん助けてもらったけど、それでもたった一人で、よく頑張れたなぁ
こみゅんも本当によく、頑張りました
元気に産まれてきてくれて、ホントにありがとうね
出産トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
■子育てとは
子育てとは、やっぱり親の思い通りにいかないもんなんやろうなあって、生まれる前から思っているみゅんです。


いつ生まれるかすら、ぜんぜんわからんなんてね…。


と言ってもここ数日は、兆候かな??と思い当たることもあるから、いつ入院してもおかしくはないと自分では思うんやけど。


でもあと2日くらいはかかるんかなぁ…<まったく根拠はないけどね。
8日の検診までに入院するかどうかが、微妙なラインの気がする。


今日は特に胎動がソフトになってきた気がする&おなかの張り(多分前駆陣痛)が多くなってきたような。なんとなく予感はあるけど、でもハッキリと言えんから、違って期待させたらごめん…。


ってすでにオットは逐一、こういうことを聞かされてソワソワしつつ、仕事をしてるみたい。ちゃんと仕事してんのかなー?


みゅんもこみゅんの出てくるタイミングを逃すことないよう、構えとかなくちゃ…。


とりあえず今は、こみゅんとよく聴いたサラブライトマンのCDを聴いてこみゅんを安心させているつもりです。


こみゅんちゃん、そろそろおなかとサヨナラして出てきてね~♪


マタニティライフトラックバック(0) | コメント(1) | top↑
■予想当たらず。
オットの予想も虚しく、今日もこみゅんはみゅんのおなかの中でご機嫌のご様子でした


お父さんお母さんと3人でうどんやさんに行って、お昼を済ませたあと、スーパーでお母さんと2人おろしてもらって、歩いて帰ることに。


いつも行かないスーパーなので、品揃えが面白かったらしく、お母さんはお菓子売り場でかなりはしゃいでた。


そこのスーパーは高知の会社で、ちょっとこだわりの変わった商品が置いてあるんよね。
サニーマートHP
(今見たら一部商品は取り寄せ出来るみたい…送料も割と安いなぁ)


海洋深層水を使った芋けんぴとか、ゆずドリンクとか、高知ゆかりのものはもちろん、懐かしい系の見かけないお菓子とか。


それに思いっきりお母さん食いついてたから


しかし連日散歩に付き合ってもらってホントに申し訳ない


途中で、お父さんお気に入りの揚げパンを買いにパンやさんにも寄った。


揚げパンが売り切れてたので、お砂糖がついたアンパンを買って、店を出ようとしたら、お店の人に「もうそろそろ?」って聞かれちゃった。


「そろそろていうか、もう出てこんといかんのですけどねー


とうとう見知らぬ人にまで聞かれるお腹になったんやなあって実感。




マタニティライフトラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■こみゅんは~外!
さて。予定日です。


すごく穏やかに迎えてしまった…
こみゅんは相変わらずポコポコ動いてるし、まだやな


こみゅんをおなかから追い出すべく、今日もお昼ごはん食べてから、お母さんとお散歩してきた。


目的地は「ちょっと遠いんちゃう?」ってぐらいのパン屋さん


お母さん、風が冷たいのに、付き合ってくれてありがとう


初めて行ったパン屋さんは、甘い系のパンしか残ってなかったけど、生地違いのクリームパンとかあったので、適当に選んで購入。


しかしいつも1時間は歩いてるのに、時々お腹が張るくらい。


こみゅん、なかなかシブトイなぁ。


そして今夜は節分。
しっかり豆まきしました。

「鬼は~外!福は~内!…こみゅんは~外っ!」てね


いやぁ…オットに、「『こみゅんは~外!』って言っといたら?」ってアドバイスされたのでね…。


効くかなー?
マタニティライフトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■予定日まであと1日
予定日まであと1日。


気が進まんかったけど検診に行って来たよ。


だって、まだ兆候ないもん…


先生の診察によると、こみゅんの頭は出口から10センチも上にあるらしい。


そりゃ出てくる気配もないわけやな…。


今日は骨盤の大きさをいろんな角度から測ってもらった。
こみゅんの頭がみゅんの骨盤よりでかかったら、出てこれないからね。


測定の結果、みゅんは小柄なので、やっぱり部分によっては小さめ。
でも、赤ちゃんも小さめに生まれてくると思うから、多分大丈夫、もうちょっと待ってみようってことに。


次の検診は、何もなければ2月8日。
そのときに生まれそうになかったら、再度レントゲンで骨盤の大きさを見るかも、って感じらしい。
(※骨盤が狭すぎて赤ちゃんが下りてこないってこともあるので)


せっかく生むチャンスがあるのに最初っから帝王切開もどーかと思うし、是非とも、こみゅんにはそれまでに出てきてもらわねば…


寒いけどお散歩頑張らなくちゃ


「初産は遅れるのが普通なんだから、焦ることないよー」ってオットは言うけど、生む人としては、やっぱり何もないのって退屈


みゅんがせっかち&計画的に物事を進めたいってのもあるし、周りの人をいつまでも待たせるのもヤダし。


オットは、「こみゅんちゃんは、みゅんちゃんに似て寝坊してるのか、寒いから出てこないかどっちかだね」とか失礼なこと言ってたけど


やっぱりこみゅんは豆まいてから出てくるつもりみたいね。


もしや食い意地が張ってるのか?節分のお寿司が食べたいのかも。


こみゅんちゃーん、明日は豆まきの日だからねー。


ちなみに。
つづきをよむ
マタニティライフトラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■気になるニュース
天気予報では雪だったので、楽しみにしてたのに、降ってる気配はなし。


つまんないのーって思ってたらすっかり寝坊しちゃった。


昼過ぎにボタン雪がちらほら舞ってたけど、たいしたことないなぁ。


お散歩行こうかと思ってたけど寒いから断念。そしておこたでネット。


最近は、F1の開幕が近づいてきたので毎日F1のニュースもチェックしてるんやけど、ついに日本GPの詳細が発表されたね。


サーキットまでの交通手段がシャトルバスに限定されるってことがかなり気になってたんやけど、読めば読むほど、めんどくさそう…混乱しそう…大丈夫かなぁ。


もちろん、こみゅんの問題さえクリアになれば、今年はまた観に行きたいんやけど…いろいろ問題多そうやなぁ。


ちなみに、チケットは一回で8枚まで注文できるらしいけど、交通ルートが同じ人しか連番になれないらしく、いつも行ってるオットの友達たちとは隣り合わせで見れない可能性が…。


そういうのってなんか…楽しみが半減するよね。


あと、絶対シャトルバスじゃないと開場入りできないってのも不便。


鈴鹿みたいに、歩いてサーキット入りするのが、気分盛り上がるのになぁ。


さらに子連れやと、身軽だったときに比べてものすごい考えることが多すぎ…こみゅんは8ヶ月弱で、完全なお荷物状態やし、どーなることやら。


でも今は、どーにかして行く方法があると思っていたいなあ。
一年に一回のお祭りやから…




F1トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
| ホーム |
プロフィール

myun0104

Author:myun0104
HN:みゅん
BD:1979・1・4

結婚して3年が経ちました。
初めての妊娠→出産→育児記録。

F1 NextRace!!
powered.kage
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
こみゅん誕生日カウンタ

*script by KT*
Wedding Anniversary

*script by KT*
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。